ENB療法

ENB(Electric Nerve Block)療法とは、微弱電流を通電して、痛みを和らげ取り除いたり、患部の箇所を調べたりする療法です。微弱電流は、200マイクロアンペアという家庭用電流の1/5000程度の非常に弱い電流です。当院では「エピオーネ」という微弱電流を発生させる機械を使って治療します。

エピオーネが発生させる微弱電流は、人体に通電することで鎮痛消炎作用、治療促進作用を与えることができます。このため、痛みを抑えつつ、治療することが可能となります。

また、エピオーネを使うことで放散痛の原因箇所を調べることも可能です。放散痛とは、脊椎の変形や椎間板ヘルニアなどにより他部位に痛みが生じる症状のことです。

放散痛の代表的な症例は、五十肩、膝・足の痛みといった加齢によるものと、テニス肘・オスグットといったスポーツ障害があります。これの症状は日常生活やここ一番の試合に大きく影響を及ぼすので可能な限り速やかに治療することが望ましいです。

放散痛は、原因となる部位が痛みを生じている部位と異なるため、治療すべき箇所を見つけにくく治療が困難ですが、エピオーネを利用したENB療法により容易に治療できます。原因と考えられる箇所をエピオーネで通電すると、痛みが消失・軽減します。原因と考えられる箇所を順に通電していき、痛みが消失した箇所が見つかれば、そこが原因と簡単に判断することが可能です。

エピオーネ

エピオーネには以下のような特徴があります。

1. 薬剤や鍼を使用しないで、安全に行えます。
2. 苦痛の少ない、確実で即効的な鎮痛効果が得られます。
3. 導入されたその日から治療効果を実感できます。
4. 痛みが脊髄等の障害が原因である場合、障害を受けている箇所を鑑別することができます。また軟部組織の損傷の程度や、治療の進み具合を数値で確認することができます。
5. 骨折に対して効果が高く、治療期間を3分の2以下に短縮可能です。
6. ENB電極と呼ばれる特殊な電極を利用することで、ジェル等を必要としません。拭き取る手間もかからず衛生的で経済性にも優れています。
7. 根治療法を行うことが可能です。
エピオーネを使ったENB療法は、マッサージや薬剤、鍼灸といった従来の方法とは一味違う、新たな治療方法になります。ぜひお試しください!

french to