RICE処置

患者さんが打撲・捻挫等々をされて来院される時、よく、「昨日ぶつけちゃったからお風呂に入って揉んだら、今日痛みが酷くなった。」と言われることがよくあります。それは絶対NGです!

じゃあ直ぐに来院出来なかったりした場合どうすればいいの?

そこで私たちの間では当たり前の言葉である『RICE処置』について軽く触れてみたいと思います。

RICE(ライス)とは?

RICE処置とは、打撲や捻挫といったケガに対する応急処置の基本のことです。RICEは、「Rest(=安静)」「Ice(=冷却)」「Compression(=圧迫)」「Elevation(=挙上)」の頭文字をとったものです。これらの応急処置が早いほどケガの回復は早くなります。

RICE処置のやり方

Rest : 安静
ケガしたところを動かさず、じっとしていることです。ひねった時、思わずケガの程度を確かめようと動かしてしまうことがありますが、それはかえってケガを重くしてしまいます。体重をかけるのもいけません。
ケガが痛まない姿勢をとり、関節ならテープ・板切れで固定、腕ならば三角巾・タオル等で結んでしまうのがいいでしょう。

Ice : 冷却
患部を氷で冷やして痛みを和らげます。内出血や炎症をおこしている時に特に有効です。
ビニール袋に氷を入れ、患部に当てて下さい。感覚がなくなり痛みを感じなくなった程度で一旦、氷をどけてください。15~20分が目安です。痛みを感じ始めたら、また氷をつけて冷やしてください。これを1日、2日これを続けます。
冷やすときにはタオルなどで氷を覆ってからにしましょう。冷やし過ぎると凍傷を引き起こす可能性があります。

Compression : 圧迫
患部を圧迫し、出血・腫れを防ぎます。出血のしすぎが危険なのはご承知のとおりだと思いますが、腫れもひどくなるとそれだけ痛みが強くなり、治るのにも時間がかかるようになります。
圧迫には包帯を利用するとよいでしょう。テーピングも有効です。
冷却と同様、圧迫しすぎも帰って逆効果になります。神経を傷つける恐れもあるので、しびれがでてきたり、青くなっていたりしたら、一度圧迫をゆるめ、しびれ、青みがなくなったところで再開してください。

Elevation : 挙上
患部を心臓より高い位置で保持することです。そうすることにより、患部周辺の血圧が下がり、出血を抑えることができます。
手頃な高さの台(椅子、クッション、枕等)を用意し、そこに患部をのせて寝そべることで楽に高い位置を保持できます。

procapital